サイトマップ

ボランティア部

ボランティア部の活動報告

【吉報!!】

練馬高校ボランティア部が、平成30年度東京都教育委員会児童・生徒等表彰を受賞しました。

受賞の内容は「福祉作業所等におけるボランティア活動を継続的に行うとともに、他校と交流し、合同での活動やイベントの企画・運営をするなど、地域におけるボランティア活動の活性化に貢献」です。
平成23年度より発足した部活動ですが、現役生、卒業生、関係機関等、多くの皆様に育てて頂いた部活動でもあります。今後も、地域と一緒に育っていける部活動となるよう精進して参ります。(平成31年2月9日)



<参考>平成30年度東京都教育委員会児童・生徒等表彰について
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/press_release/2019/release20180110_01.html



校内掲示の部活動の活躍(PDF)


【ボランティア部の活動の趣旨】
練馬高校ボランティア部は、部員一人ひとりが目的をもち活動を行っております。
活動後には、必ずリフレクション(振り返り)を実施し、部活ノートに記録し、次の活動に生かす工夫を行っております。
また、これからの社会で活躍できる人材を育てるべく、自らが主体的に物事に取り組むことができるように、東京ボランティア・市民活動センター公認サークル「VIOLET!!」への参加、主顧問がアドバイザーとして参加も行っております。
コミュニケーションの入口として、バルーンアートパフォーマンスも身に付け、老若男女問わず、コミュニケーションが取れるような工夫を取り入れています。ボランティア活動だけではなく、様々な場面でプレゼンテーションを行い、情報収集・活用能力や発信力も育んでおります。
ボランティア部の活動を通し、将来の進路につながる活動を積極的に取り入れ実施しているところも、練馬高校のボランティア部の特色です。
NPO法人ねりま光が丘地域力活性化プロジェクト実行委員会様のイベントでは、毎回、企画運営や様々な活動へのご指導を頂き、地域との連携の強化も図っております。

【活動日】
第1月曜(校外清掃)、毎週木曜(定例会)、特定の土曜・日曜・祝日(対外活動)

【活動内容】
ボランティア活動の情報共有、勉強会、活動リフレクション、部活指導員による学習会、土曜日、日曜日は練馬区内の福祉施設、お祭り等での活動を実施しています。
バルーンアートパフォーマンスを特技の1つとして子供たちに配ることも行っています。
オリパラ教育では、ボッチャに関するスキルを磨き、多方面で波及をしております。

【主な実績・連携】
東京ボランティア市民・活動センター、ねりま光が丘地域力活性化プロジェクト実行委員会、白百合福祉作業所、北町福祉作業所、田柄福祉園、やすらぎの杜、やすらぎミラージュ、練馬区社会福祉協議会、練馬区立防災学習センター、大泉障害者支援ホーム、北町福祉作業所、練馬こぶしハーフマラソン、高島平福祉園、フォルクローレ、春日町町会、第四地区委員会、ハッピーネットなど

【部員数】16名 
*東京ボランテイア・市民活動センター主催の「VIOLET!!」(旧 学校間交流会)に月1ミーティングで参加しています。私立の高校(共学、女子校)、都立高校との交流を通しコミュニケーション能力も育んでいます。他校の生徒とも交流ができることも、練馬高校ボランティア部の魅力の1つで、近い考えをもつ仲間も増えます。VIOLETで使用しているビブスのデザインは、本校の生徒(卒業生)がデザインしたものです。
*将来の進路が児童・福祉の分野でなくても、視野が広がり自分自身が成長できます。

部活動に関するお問い合わせも主顧問までお気軽にお寄せください。
*VIOLET!!(旧 学校間交流会)は中学生でも参加が可能です。
 詳細は、東京ボランティア・市民活動センターにお問い合わせ下さい。



平成31年度の活動報告及び予定

【4月】
*ねりま光が丘活性化プロジェクト実行委員会との連携
       (3.30、3.31のチェリーブロッサムへの参加)
*VIOLET(東京ボランティア・市民活動センター)
*フォルクローレダンスイベント
【5月】
*練馬区防災学習センターとの連携 (防災イベントへの参加・手伝い)
*VIOLET(東京ボランティア・市民活動センター)
【6月】
*障害者施設合同運動会スタッフ
*男女共同参画センターお祭り バルーンアート配布
*ボランティアサミットブロック会議参加(東京都教育委員会主催)
*VIOLET(東京ボランティア・市民活動センター)
【7月】
*東京援護協会との連携
 (田柄福祉園納涼祭への参加、高島平福祉園納涼祭への参加)
*東京援護協会との連携(大泉障害者支援ホームアニマルセラピーへの参加)
*施設見学会(校内)の手伝い
*VIOLET(東京ボランティア・市民活動センター)
【8月】
*ねりま光が丘活性化プロジェクト実行委員会との連携
     (第1土・日の光が丘×みらい夏フェスへの参加)
スクールボランティアサミットにて活動報告
*夏の雲公園まつりへの参加
春日びより納涼祭への参加
*社会福祉法人章佑会との連携(やすらぎミラージュ納涼祭への参加)
【9月】
*文化祭への参加(オリパラスポーツを体験しよう、練馬区社会福祉協議会物販販売)
 文化祭にて打ち水日和イベントを実施(東京都環境局)
*谷原フレンドのと連携(谷原地域交流会への参加 バルーンアート)
*東京援護協会との連携(大泉障害者支援ホーム ふれEYEまつりの参加)
*VIOLET(東京ボランティア・市民活動センター)
【10月】
*学校説明会(校内)の手伝い
*VIOLET(東京ボランティア・市民活動センター)


【平成30年度の活動報告】
【4月】
*ねりま光が丘活性化プロジェクト実行委員会との連携
       (第1土・日のチェリーブロッサムへの参加)
*光が丘連合会との連携(みんなでスポーツ*オリパラ教育)
*学校間交流会(東京ボランティア・市民活動センター)
【5月】
*学校間交流会(東京ボランティア・市民活動センター)
【6月】
*学校間交流会(東京ボランティア・市民活動センター)
【7月】
*東京援護協会との連携
 (田柄福祉園納涼祭への参加、高島平福祉園納涼祭への参加)
*和田中学校へ生徒が講習会を実施
*施設見学会(校内)の手伝い
*学校間交流会(東京ボランティア・市民活動センター)
【8月】
*ねりま光が丘活性化プロジェクト実行委員会との連携
     (第1土・日の光が丘×みらい夏フェスへの参加)
練馬ボッチャクラブとの連携(ボッチャのルール説明、コート作成等技術支援)
スクールボランティアサミットにてボッチャ体験の実演・研修
*夏の雲公園まつりへの参加
*社会福祉法人章佑会との連携(やすらぎミラージュ納涼祭への参加)
*東京援護協会との連携(大泉障害者支援ホームアニマルセラピーへの参加)
*学校間交流会(東京ボランティア・市民活動センター)
*部活内親睦会(バーべQ)
【9月】
*文化祭への参加(ボッチャ体験、バルーンアート体験、練馬区社会福祉協議会物販販売)
 文化祭では、練馬区社会福祉協議会公認キャラクター「ネリー」が校内をねり歩きます
 都立高校では唯一、練馬高校に登場し、文化祭を盛り上げてくれます
 文化祭の報告にて、写真も掲載しておりますのでご覧くだい(詳細は
こちらから)
*東京援護協会との連携(大泉障害者支援ホーム ふれEYEまつりの参加)
*社会福祉法人章佑会との連携(やすらぎの杜 杜祭への参加)
*学校間交流会(東京ボランティア・市民活動センター)学習会の実施(ボッチャ担当)
【10月】
*学校説明会(校内)の手伝い
*社会福祉法人武蔵野会との連携(北町福祉作業所 作業所まつりへの参加)
*練馬区社会福祉協議会との連携(白百合福祉作業所 白百合まつりへの参加)
*学校間交流会(東京ボランティア・市民活動センター)
【11月】
*東京都教育委員会 ボランティアサミットへの参加
*都立永福学園訪問・ボッチャ部見学等
*学校説明会(校内)の手伝い
*春日町地域防災訓練 炊き出し手伝い
*VIOLET(東京ボランティア・市民活動センター)
*葛飾区社会福祉協議会との連携(葛飾ボランティアフェスティバルへの参加)新設
*練馬区社会福祉協議会との連携(豊玉地区祭への参加)
【12月】
*学校説明会(校内)の手伝い
*ねりま光が丘活性化プロジェクト実行委員会との連携
            (第3土・日の光ページェントフェスタへの参加)
*VIOLET(東京ボランティア・市民活動センター)
*東京都教育委員会 防災サミットへの参加
【1月】
*VIOLET主催「第1回ボランティアフェスティバル」での企画・運営
【2月】
*練馬区少年育成第四地区委員会サッカー大会 案内・誘導手伝い
*VIOLET主催「第2回ボランティアフェスティバル」での企画・運営
【3月】
*練馬区立防災学習センター主催 防災展スタッフ
*VIOLET(東京ボランティア・市民活動センター)
練馬こぶしハーフマラソン 走路員ボランティア
*ねりま光が丘活性化プロジェクト実行委員会との連携
            (第4土・日のチェリーブロッサムフェスタへの参加)


*過去には、校内宿泊防災訓練体験学習手伝い(4月)、関町福祉園納涼祭(7月)、創価大学宮崎ゼミ主催、SAGEJAPANCAPへの出場(3月)などがあります。

 

〒179-8908 東京都練馬区春日町4-28-25
電話 : 03-3990-8643 ファクシミリ : 03-3926-8373
E-mail : S1000057@section.metro.tokyo.jp